自分でもできる感染症予防方法と感染症治療

多様なカプセルと葉

感染症と聞くと命に係わる重大な病気が多いように感じる方もいるかもしれませんが、風邪やインフルエンザ、水虫などごく身近にある病気も感染症の一種です。
身近にあるということは感染症予防を怠ると、自分も罹ってしまう可能性がある病気といえます。
そのため、日頃から感染症予防を心掛けることが重要です。
感染症予防方法として、まず挙げられるのがワクチンの接種です。
子供の頃に三種混合ワクチンや麻疹・風疹ワクチンなどを摂取したことがある方も多いでしょうが、現在は様々な病気に対するワクチンが開発されていますので必要な時には接種を考えましょう。

次に自分でもできる方法としてマスクの装着があります。
マスクは自分を守るためだけではなく、自分がなんらかの感染症にかかっていた場合に人へ感染させることを防ぐという意味でも大切なことです。
昨今は高機能マスクも市販で販売されているので、風邪やインフルエンザなどが流行る時期には装着することで予防につながるはずです。
このような方法で感染症予防に努めていても、100%感染症を予防できるわけではありません。
もしも、感染症にかかってしまった時にはどのような治療があるのでしょう。

感染症治療は大きく分けて薬剤投与と対症療法の2つがあります。
薬剤投与は、感染症に対して効果があるとされる抗ウイルス剤や抗細菌剤、抗真菌剤を投与することで病気を引き起こしているウイルスや菌を駆除する感染症治療となります。
対症療法は、解熱や下痢止め、咳止めなど体力を著しく低下させる症状を緩和させることが目的として取られる感染症治療です。
ただし、薬によって無理に症状を止めてしまうと治りが悪くなることもありますので、現在では脱水予防以外では積極的に症状を緩和させる方法はあまりとられていません。

最近の投稿
No image
2019年05月12日

性感染症治療のイメージと言えば、やはり性行為によって生じる性病の治療ではないかと...

No image
2019年05月12日

感染症にかかると様々な症状が現れるようになりますが、最近はブログなどでそのような...

No image
2019年05月12日

妊娠中はたくさんのことに気をつけなければいけません。 食べ物は、ビタミンAを摂り...

No image
2019年05月12日

膠原病という疾患の名前を一度は聞いたことがあっても、どのような病気なのか知らない...

No image
2019年05月12日

hivという病気の名前は誰もが聞いたことがあるでしょう。 hivとはヒト免疫不全...

サイト内検索